JIBIRA-JAPANのブログ

高齢者親子の日々の生活や経験を綴ります~☆彡

今週のお題「人生最大のピンチ」

今週のお題「人生最大のピンチ」

は、今になって思えば、「災い転じて福となる」かもしれませんが、内容はかなり深刻ですので、デリケートな方はご注意くださいね。

 ズバリ!会社の倒産です。

 直接的な原因は、政策金融公庫の担当者に振り回され、融資が決定しなかったことです。要求された試算表や諸々書類を提出していたのにもかかわらず、いつもの担当者は留守ばかりで新米社員に対応させたのです。そして、ズルズル審査を引き延ばされ、次は一か月後の決算書を見てから融資しましょうと。断るなら、早く結論を出してくれればと恨み節も言いたくなります。それまで、無為に過ごしていたのではなく、他の金融機関にも相談していました。けれど、うちのような債務超過の法人は、必死に売上を上げても月々の資金繰りには焼け石に水です。

 そもそも、借金だらけの会社を父から引き継いだときに清算すればよかったのですが。引き継ぐまで、一社員として昼夜問わず必死に働いていた私にはかなりの顧客がつき、売上・純利益も右肩上がりでした。このまま頑張れば、借入金も減少し、健全な経営に導くことができるのでは?と思っていたのです。

 しかし、うちには父の代から権威を振るっていた役員がいました。経理やしまいには資金繰りや人事まで権限をもつようになっていました。出入りの金融機関や取引先からその役員の不正を私に忠告されても、私には父にはっきりと告げることができませんでした。事あるごとに、「わしと○○さん(役員)が頑張っているからこの会社はなりたっているんだ!黙れ!」と暴力に訴えるのです。

 以前、「ザ・世界仰天ニュース」を見たとき、驚きました。うちの役員と同じ手口で横領し、経営を牛耳っていた経理担当の人間の再現内容でした。その会社は、経営が行き詰まり、跡を継いだ経営者は自殺に追い込まれたのでした。手口は、まず会社の金を自分や家族の口座にうまく移し、会社の資金繰りが滞ったときに善人面で会社に資金を貸すのです。人事的にも社員や取引先や税理事務所の担当者にお祝いやお小遣いを渡し、手なずけていくのです。

 うちは、私が代表者になり、徐々に会社の業績を上げていき、その役員から権限を私に取り戻して行きつつあったとき、役員が致命的なミスを犯し、債務がまた元通り以上に膨れ上がりました。役員には責任を取って辞めてほしいと言いましたが、頑張るからとあの手この手で居座ったのです。

 そして、業務の多忙と資金繰りと私の精神状態は尋常ではなくなっていきましたが、それでも取引先や顧客に迷惑だけはかけたくない一心で、方法を模索していました。冒頭の政策金融公庫の騙しに合う頃にはかなり覚悟ができていて、自殺も念頭にありました。車で崖から転落すれば、保険金で何とかできるのでは?と。

 けれど、親友にそれとなくお別れのメールを送ったとき、察知したのか、思いとどまるよう説得されたのでした。私は母やきょうだいには深刻な問題は相談できずにいました。かえって、神経を逆なでされるからです。

 私は覚悟を決め、信頼している弁護士に相談しました。かねてから、顧客を紹介したり、業務を補助してきた私からの唐突な話に弁護士は非常に驚いていました。いつもの私からはそのように切羽詰まった雰囲気はなく、お客様のことばかり考えて仕事をしていたからです。弁護士からは、「こんなになるまで我慢せず、もっと早く相談してくれたら良かったのに、ほんとうにつらかったですね」と言われたとき、初めて人前で涙が出ました。幸い、売上金の回収がスムーズにでき、顧客にも取引先にも社会保険料・税金も迷惑をかけることなく、破産することができました。金融機関は、保証会社や保証協会や不動産担保があったので、まったくの貸し倒れにはなりませんでした。

 その後、世界中が、新型コロナウイルスによりたいへんな状況になり、中小企業も苦難が続いています。そんな中、その直前に会社清算をすべて完了できたのは、不幸中の幸いというべきなのでしょうか。今破産するとしたら、弁護士費用も捻出できなったかもしれません。

 毎日、母の介護と日常生活をおくりながら、仕事に対する情熱はまだ持っているのに、何もできない日々がもどかしくもあり、でも、ベッドでぐずぐず寝ているとき、これも幸せの一つかもと思える自分がいます。高齢者になる直前まで、徹夜続きで仮眠を取りながら仕事をするときは、ああ、いつかぐっすり眠りたいと思っていたものです。

 これほど長いしつこい文章をお読みくださり、感謝申し上げます。

世界中が早く健康で平和な日が来ますよう、心からお祈りいたします。また、経営に苦労されている方々、くれぐれも命は大切になさいますようお願いいたします。

 私も生きていて心底良かったと思っています。ただ、苦労がたたって、病院通いに忙しいですが。

 

認知症の始まり

 母はいわゆるお嬢様育ちで、天然、わがまま、意地悪、世間体は気にするええかっこしいだが面倒見は悪い、短気ヒステリー、勉強はできない・・・

私たちきょうだいがまあまあの学歴なのは、母に似なかったからだろう。母方の伯父は、天才肌努力家であったし、父方の親類も皆私たちよりも優秀だし。

こう書くと母の長所は無いように思われるが、うーん、長所・・・

 であるから、もともと天然且つ方向音痴なので認知症になかなか気づけなかったのです。

ある年の暮れ、お正月の準備に実家に行くと、食器やグラス類がかなり少なくなっていました。母に理由を尋ねると「私ひとりだし、たくさん食器いらないから捨てた」と。

毎年お正月は大勢が集まるのですが。それが、認知症だったんだ!と気づいた瞬間だったのです。

 近所の脳神経外科に連れていき検査診察を受けると、脳の萎縮も見られ(現在では脳の萎縮があるからといって認知症とは限らないという意見もある)アルツハイマー認知症ですねと診断されました。お薬は、アリセプト10mg処方されました。

 今の主治医は、最初から10mgだったのですねと、つぶやかれましたが。

 最初の認知症診断から約10年、母と同居して3年、年齢とともに進む認知症

 まだまだ仕事を頑張りたかった私にとって、残念な思いもありますが、もう引退してもいいよと神様がくださった時間なのかもしれないですね。

仕事と介護どっちがストレスたまるだろう。う~ん・・・それに収入が・・・

今週のお題「最近洗ったもの」

今週のお題「最近洗ったもの」

は、親の枕・毛布・尿漏れ対応ベッドシーツです。

 枕はテンピュールのオンブラシオピローで、枕本体は洗えないのですが、洗濯機の毛布モードで洗いました。案の定、枕の中のクッション材はダマダマに。枕本体は洗濯不可になっています。

 なのに、何故強いて洗ったのか?

 普段、親は枕カバーをつけた上にバスタオルもかぶせて寝ています。でも、高齢者特有の臭いがなかなか寝室から消えないのです。定期的に寝具全般洗ったり、消臭スプレーを使ったり。隣で寝ている私はたまらないのですが、仕方ないですね。

 自分も親のように老いていくのだなと日々実感しています。

今週のお題「SFといえば」

今週のお題「SFといえば」

 私にとってSFといえば、「アーサー・C.クラーク」。代表的な作品としては、映画も小説も「2001年宇宙の旅」だ。映画は抽象的で映像美を追求しているので、見る者の精神世界にじわじわと染み込んでくる感じ。小説は、サイエンスSFで、非常に納得できるものだった。

 彼の場合は、物理学数学に精通し、科学的な発想をさらに展開した未来物語がこの上なく興味深い。

 そもそも、中学生の頃から推理小説SF小説に熱中し、学校の図書館のそのジャンルの本はすべて読んだほどだった。今はほとんど忘れてしまったが。

以降、小松左京豊田有恒筒井康隆星新一アイザック・アシモフなど。

小説作品で感慨深いのは、ネヴィル・シュートの「渚にて」。

さらに、アンドレイ・タルコフスキー監督のソ連映画惑星ソラリス」が独特の世界観で好きだった。

どれも有名な作品ばかりだが、懐かしいかぎりだなあ。

宇宙や物理学に興味があるので、若い頃はブルーバックスを読み漁った。理系ではないので、数式や定理はすっ飛ばして文章だけ読み、何となくわかったようなわからないような・・・

今でも、TVで関連の番組やドラマがあれば、楽しみに見ている。

ラッキーな京都旅行

 旅行が好きです。特に、旅程を組むのが大好きです。交通機関の時刻はもちろん、乗り場ホームやバス停の場所・飲食店など、細かく調べます。その調べるときのワクワク感が楽しみです。

 今は新型コロナウイルスの流行で、大好きな東京ディズニーリゾートにも京都にも行けないのが残念です。

 ある年の京都旅行でのこと。

 東寺、金閣寺、二条城、清水寺三十三間堂など、二泊三日のゆったりしたスケジュールで回り、感動の連続でした。

 そして、京都旅行では常宿のJR京都駅直結の「ホテルグランヴィア京都」に宿泊です。京都駅はもちろん、接続しているこのホテルも外観・内装のデザインが素晴らしく、食事も多彩でおいしく、ほんとうにお気に入りです。

 予約はちょっと贅沢に14・15階のグランヴィアフロアデラックスにしました。フロアに入る際もキーが必要なので、防犯上安心感があり、他にもチェックアウトがグランヴィアラウンジでできるなど、様々な特典があります。

 フロントでチェックインする際、スタッフの方から提案がありました。

「いつもお世話になっているので、よろしければ、特別なお部屋をご用意できますが。」

もちろん、快諾しました。今になって、ブログに公開しても良いのか迷いましたが、多分、私や家族にとって、一生に一度の思い出なので載せることにしました。ホテルのサイトには載っていないお部屋なので、政府の要人や海外の重要人物などが宿泊するスイートルームなのでしょう。ミーティングルームもありましたが、そちらは鍵がかかっており、使用できないとのことでした。

 お部屋のゴージャスさは言うまでもなく、ジャグジーバスやベッドルームからの京都の夜景は素晴らしく、感動的でした。

 では、長くなりますが、お部屋の写真を披露しましょう。

(ベッドルームは家族や荷物が写り込んでおり、掲載できないのでホテルのサイトから引用しました)

外観(ホテルグランヴィア京都のサイトから引用)

グランヴィアフロアのエントランス

お部屋の中の廊下

突き当りはミーテングルーム

右側がバスルーム

洗面ボールが二個

夜景が望めるジャグジーバス。気持ちよかったです!歩き回った疲れが吹っ飛びました。

シャワールーム。右の棚にあるのは、おしゃれな体重計でした。

トイレの入口

トイレ 広い!

ネオレストでした

ベッドルームの写真は、ホテルグランヴィア京都のサイトからお借りしました。

次はホテルヴィスキオ京都に泊まってみたいな。



 


 

牛乳パックで「青じそ」と「スイートバジル」を栽培したら、バカ成り~🍁

 昨年、スイートバジルを一株植えたのですが、結構助かったので、今春、百円ショップでスイートバジル青じその種を購入しました。

 種まきのとき、袋からサーと種を全部蒔いてしまいました。すると、発芽率が良く、おびただしい芽が・・・

 プランターや鉢を揃えるのももったいないので、牛乳パックを利用しました。

植物には申し訳ないですが、虫や傷のついた葉は捨てて、キレイな葉のみ収穫しています。それでも、食べきれない~

 次回から種まきは慎重にしなければいけないなあと反省しています。

 






 

高齢者二人組の生活~

カンタンな日記やスマホに記録していますが、日常の話題やハプニングが多いので、思い切ってブログを書いてみることにしました。PCのキーボードを触ると認知症防止にもなるかな~❓

 

認知症の親と暮らしています。私も高齢者です。

日々、いろいろなことがありますね。

では、これからつづっていくことにしましょう~!